京野アートクリック(仙台)は、無精子症などの男性不妊をはじめ、男性と女性のどちらも治療できるクリニックです

KYONO ART CLINIC 京野アートクリニック 仙台

論文紹介

論文紹介

当院で発表いたしました論文・著作を紹介いたします。

2016年

京野廣一, 橋本朋子, 竹内巧.
ARTと更年期治療. 更年期と加齢のヘルスケア. 2016;15:155-158.
京野廣一、中村祐介、谷雅代、橋本朋子.
卵子・卵巣組織保存の進歩. 産と婦. 2016;83:758-760.
京野廣一, 町田真雄子, 橋本朋子, 小泉雅江, 土信田雅一, 戸屋真由美, 竹内巧, 五十嵐秀樹.
卵巣刺激の個別化. HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY 2016;23:195-200.
京野廣一.
排卵誘発法/卵巣刺激法-アロマターゼ阻害剤. 不妊・不育診療指針. 中外医学社. 2016;248-249.
青野展也.
胚培養士の業務と役割. 不妊・不育診療指針. 中外医学社. 2016;434-437.
Koichi Kyono, Tomoko Hashimoto, Miwa Kuchiki, Eri Sakamoto, Masayo Tani, Atsuko Tanaka, Sachiko Nonaka, Yusuke Nakamura, Yukiko Nakajo, Nobuya Aono, Takumi Takeuchi. A review: the essentials of informed consent for cancer patients before autologous transplantation of ovarian tissue. J Mamm Ova Res. 2016;33:115-118.
Mitsuyoshi Amita, Toshifumi Takahashi, Hideki Igarashi, Satoru Nagase. Clomiphene citrate down-regulates estrogen receptor-α through the ubiquitin-proteasome pathway in a human endometrial cancer cell line. Molecular and Cellular Endocrinology. 2016;428:142-147.
Hiroki Kurosawa, Hiroki Utsunomiya, Naomi Shiga, Aiko Takahashi, Motomasa Ihara, Masumi Ishibashi, Mitsuo Nishimoto, Zen Watanabe, Hiroyuki Abe, Jin Kumagai, Yukihiro Terada, Hideki Igarashi, Toshifumi Takahashi, Atsushi Fukui, Ryota Suganuma, Masahito Tachibana, and Nobuo Yaegashi. Development of a new clinically applicable device for embryo evaluation which measures embryo oxygen consumption. Human Reprod. 2016;31:2321-2330.
Hideki Igarashi, Toshifumi Takahashi, Hiroyuki Abe, Hiroshi Nakano, Osamu Nakajima, and Satoru Nagase. Poor embryo development in post-ovulatory in vivo-aged mouse oocytes is associated with mitochondrial dysfunction, but mitochondrial transfer from somatic cells is not sufficient for rejuvenation. Human Reprod. 2016;31:2331-2338.

2015年

京野廣一:
血栓症と生殖補助医療. 日本生殖医療心理学会誌. 2015:1;34-40.
橋本朋子, 京野廣一:
ARTとHRT. White. 2015:3;97-102.
京野廣一:
生殖補助医療:卵子提供ならびに妊孕性温存と血栓症. 日本生殖心理学会誌. 2015:2;5-8.
田中忠夫, 橋本朋子:
卵胞ホルモン(エストロゲン)製剤. メディクイックブック第1部 患者さんによくわかる薬の説明 2015年版. 金原出版. 2015:595-596.
田中忠夫, 橋本朋子:
黄体ホルモン(プロゲステロン)製剤. メディクイックブック第1部 患者さんによくわかる薬の説明 2015年版. 金原出版. 2015:597-598.
京野廣一, 中村祐介, 谷雅代, 橋本朋子:
卵子・卵巣組織保存の進歩 特集/ART最前線. 産と婦. 2015:83(印刷中).

2014年

京野廣一他:
妊孕性温存法.生殖医療ポケットマニュアル.日本生殖医学会.2014:330-335
京野廣一:
ARTの実際.現代生殖医療のメインストリーム.産婦人科の実際.2014:63;1772-1776
中條友紀子、服部裕充、京谷利彦、佐藤祐香里、中村祐介、松川望、設楽千紗、高橋瑞穂、土信田雅一、戸屋真由美、京野廣一:
精巣内精子を用いた顕微授精における新線卵子と凍結卵子の臨床成績.日本臨床エンブリオロジスト学会誌:2014:16(1);17-21
Iijima M, Koh E, Izumi K, Taya M, Maeda Y, Kyono K, Yoshida A and Namiki M:
New molecular diagnostic kit to assess Y-chromosome deletions in the Japanese population.Int J Urol.2014:21(9);910-916
Kyoya T, Nakamura Y, Miyatani S, Miyagawa T, Tomiyama T, Kyono K:
Evaluation of oxygen consumption in human vitrified and warmed pre-antral follicles after prolonged temperatures. Reprod Med Biol. 2014;13:47-52
京野廣一:
採卵−いかにして安全に良質の卵子を獲得するか. 医学のあゆみ. 2014:249;77-82
土信田雅一, 戸屋真由美, 京野廣一:
流産や着床障害に対して行った不育症スクリーニング検査と妊娠予後についての考察.産婦人科の実際. 2014;5:63
京野廣一:
性の健康と最新ART. 性の健康医学財団編. 中央法規出版. 130-131
京野廣一:
PCOSにおける生殖補助医療. 産科と婦人科. 2014;81:865-870

2013年

Kyono K:
The precise timing of embryo splitting for monozygotic dichorionic diamniotic twins:when does embryo splitting for monozygotic dichorionic diamniotic twins occour? Evidence for splitting at the morula/brastocyst stage from studies of in vitro fertilization. Twin Res Hum Genet. 2013;16:827-832
Kyono K:
Fertility Preservation. J.Mamm. Ova Res. 2013;30:101-108
Nakajo Y, Hattori H, Sato Y, Kanto S, Araki Y, Kyono K:
Vitrified-warmed and fresh oocytes yield comparable outcomes when fresh testicular sperm is utilized. J Clin Embryo. 2013;16:138-144
京野廣一, 土信田雅一, 竹内巧:
採卵法. 臨婦産. 2013;67:1004-1010
京野廣一:
二人のための不妊治療ガイドブック. 株式会社バズラボ. 2013
中條友紀子, 服部裕充, 京谷利彦, 池野妙花, 佐藤祐香里, 中村祐介, 平田和成, 土信田雅一, 戸屋真由美, 京野廣一:
流産経験症例における顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(granulocyte-macrophage colony-stimulating factor; GM-CSF)含有培養液の有用性. 日本臨床エンブリオロジスト学会雑誌. 2013;15:4-7
京野廣一:
生殖補助医療技術(ART). 産科婦人科疾患最新の治療2013-2015. 吉川史隆, 倉智博久, 平松祐司 編 2013;21-203

2012年

Shibuya Y, Kyono K:
A successful birth of healthy monozygotic dichorionic diamniotic (DD) twins of the same gender following a single vitrified-warmed blastocyst transfer. J Assist Reprod Genet. 2012;29:255-7. 
沢野知美, 黒澤郁恵, 木村恭子, 嵯峨真奈美, 土信田雅一, 戸屋真由美, 京野廣一:
AMH低値患者における妊娠、非妊娠患者の背景、治療内容の検討. 受精着床誌. 2012;29:26-31.
土信田雅一, 戸屋真由美, 荒木康久, 京野廣一:
単一胚移植から発生した二絨毛膜二羊膜性双胎;レビュー. 受精着床誌. 2012;29:1-4.
Kyono K, Takisawa T, Nakajo Y, Doshida M, Toya M:
Birth and follow-up of babies born following ICSI with oocyte activation using strontium chloride or calcium ionophore A23187. Mamm. Ova Res. 2012;29:35-40.
京野廣一:
生殖細胞および組織の凍結. Medical Science Digest. 2012;38:11-4.
京野廣一, 戸屋真由美, 土信田雅一:
採卵法. 図解よくわかる臨床不妊症学【生殖補助医療編】第2版. 中外医学社. 2012;60:150-58.
京野廣一:
双胎の新発生機序-実際に確認された事実のみからの検証-. IVF学会誌. 2012;15:13-9.
京野廣一:
これからの治療 卵巣凍結保存. 産婦の実際. 2012;61:1953-61.

2011年

京野廣一:
化学療法と生殖細胞保存. 日本医師会誌. 2011;139:2140. 
京野廣一:
新しい試み:配偶子・胚・組織の保存. IVF J NEWS. 2011;49:1. 
土信田雅一, 沢野知美, 黒澤郁恵, 木村恭子, 藤森宏子, 戸屋真由美, 京野廣一:
ARTによる卵巣反応性とAMH. 産科と婦人科. 2011;8:941-6.
京野廣一, 中條友紀子, 沢野知美, 坂本絵里, 福田由季, 田村純, 朽木美和, 土信田雅一, 戸屋真由美:
ARTにおける低温生物学の現状と将来. 産婦の実際. 2011;60:707-14. 
京野廣一:
自然災害に対する生殖補助医施設のリスクマネージメント−東日本大震災に遭遇して−. J. Mamm. Ova Res. 2011;28:180-9. 

2010年

中條友紀子, 京野廣一:
生殖IMSI(精子強拡大検鏡)の有用性 産婦の実際. 2010;59(3):375-80
福田由季, 太田百恵, 本田みさ子, 佐藤有理, 朽木美和, 田村純, 戸屋真由美, 土信田雅一, 菅藤哲, 京野廣一:
悪性腫瘍 (急性リンパ性白血病, 再生不良性貧血, 子宮頚部上皮内癌, 乳癌)治癒後にARTにより妊娠にいたった4症例. 受精着床誌. 2010;27:241-3. 
澁谷ゆり, 西中千佳子, 中條友紀子, 京野廣一:
アンケートによる凍結胚移植児の発育調査. 受精着床誌. 2010;27:297-303. 
京谷利彦, 澁谷ゆり, 西中千佳子, 中條友紀子, 石川孝之, 佐々木恵子, 宮谷静江, 坂本絵里, 戸屋真由美, 菅藤哲, 京野廣一:
高度乏精子症における射出精子と精巣内精子のICSI成績の比較. 受精着床誌. 2010;27:86-9. 
京野廣一:
胚凍結. 日本生殖医学会編, 生殖医療ガイドブック2010, 金原出版株式会社, 2010:249-52.
中條友紀子, 佐藤祐香里, 服部裕充, 京谷利彦, 滝沢妙花, 戸屋真由美, 土信田雅一, 京野廣一:
顕微授精における微分干渉観察とレリーフコントラスト観察による精子選別と臨床成績の比較. 臨床エンブリオロジスト学会誌. 2010;12:1-6. 
伊藤千鶴, 阿久津英憲, 京野廣一, 宇津宮隆史, 年森清隆:
良質精子の条件: 精子頭部扁平化およびperinuclear theca構造物質MN13と関連する卵活性化能. 産婦の実際. 2010;59:2069-76. 
下井華代, 岡田英孝, 宮城博恵, 石塚文平, 市川智彦, 岡田弘, 京野廣一, 堤治, 詠田由美, 峯岸敬, 吉澤緑, 森本義晴, 神崎秀陽:
非配偶者間の生殖補助医療に関する学会会員の意識調査. 受精着床誌. 2010;27:7-13. 
京野廣一, 土信田雅一, 戸屋真由美:
ARTにおける着床率向上の工夫−私はこうしている. 臨産婦. 2010;64:885-7. 
京野廣一:
化学療法と生殖細胞保存. 日本医師会誌. 2011;139:2104. 
Kyono K, Doshida M, Toya M, Sato Y, Akahira J, Sasano H:
Potential indications for ovarian autotransplantation based on the analysis of 5571 autopsy findings of females under the age of 40 in Japan. Fertil Steril. 2010;93:2429-30. 
Sin HS, Koh E, Shigehara K, Sugimoto K, Maeda Y, Yoshida A, Kyono K, and Namiki M:
Features of constitutive gr/gr deletion in Japanese population. Hum. Reprod. 2010;25: 2396-2403. 
Ito C, Yamatoya K, Yoshida K, Kyono K, Yao R, Noda T, Toshimori K:
Appearance of oocyte activation- related substance during spermatogenesis in mouse and humans. Hum. Reprod. 2010; 25:2734-44.

2009年

京野廣一、中條友紀子、戸屋真由美、土信田雅一:
卵子卵巣の凍結保存 Pharm Medica. 2009;27(5):31-4
京野廣一:
ここが聞きたい−不妊・不育症診療ベストプラクティス
不妊の治療A女性因子に対する薬物療法【ゴナドトロピン療法】臨床婦人科産科.2009;63(4):451-3,454-5,456-7
菅藤哲、安田師仁、土信田雅一、宇都博文、戸屋真由美、石川孝之、京野廣一:
Microdissection TESEにて回収された新鮮精巣精子を用いた非閉塞性無精子症の治療成績 日本受精着床学会雑誌. 2009;26(1):61-3
京谷利彦、西中千佳子、中條友紀子、京野廣一:
Polscope(Oosight TM Imaging System)を用いたICSI後の胚発生評価 日本受精着床学会雑誌. 2009;26(1):102-5.
西中千佳子、服部裕充、中條友紀子、京野廣一:
微小精子の有効な凍結・融解方法の検討
日本受精着床学会雑誌. 2009;26(1):93-7.
斉藤有理、宮谷静江、佐々木恵子、西中千佳子、中條友紀子、菅藤哲、京野廣一:
精子凍結保存を施行した悪性腫瘍等27症例の検討
日本受精着床学会雑誌. 2009;26(1):73-6.
京野廣一:
凍結保存 ヒト配偶子・胚
日本胚移植学雑誌. 2009;31(1):19-25.

2008年

京野廣一:
がんでもママになれる!若い女性に朗報!
統合医療でがんに克つ. 2008;6:24-6.
京野廣一:
記憶に残る食べ物:世界めぐり
仙台医師会報. 2008;526:35-6.
京野廣一:
LHの役割について−主にESHRE2008からの新知見-
IVF J NEWS. 2008;42:4.
宇都博文、戸屋真由美、菅藤哲、菅原準一、中條友紀子、熊谷志麻、西中千佳子、佐々木恵子、鈴木明香、京野廣一:
5年間の多胎防止対策
受精着床誌. 2008;25:194-8.
菅藤哲、戸屋真由美、宇都博文、安田師仁、土信田雅一、中條友紀子、熊谷志麻、菅原準一、京野廣一:
非閉塞性無精子症に対する顕微鏡下精巣内精子採取の臨床と実際
産婦の実際 金原出版株式会社. 2008;57(9):1453-8.
京野廣一、西中千佳子、京谷利彦、中條友紀子、石川孝之、藤井和博、大和田哲男、羽鳥真功、山海直:
産婦人科における細胞・組織の凍結保存
産婦の実際 金原出版株式会社. 2008;57(10):1543-8.
Kyono K, Nakajo Y, Nishinaka C, Hattori H, Kyoya T, Ishikawa T, Abe H, Araki Y.
A birth from the transfer of a single vitrified-warmed blastocyst using intracytoplasmic sperm injection with calcium ionophore oocyte activation in a globozoospermic patient.
Fertil Steril. 2008 Nov 29.
Kanto S, Uto H, Toya M, Ohnuma T, Araki Y, Kyono K.
Fresh testicular sperm retrieved from men with spinal cord injury retains equal fecundity to that from men with obstructive azoospermia via intracytoplasmic sperm injection.
Fertil Steril. 2008 Sep 29.
Kyono K, Kumagai S, Nishinaka C, Nakajo Y, Uto H, Toya M, Sugawara J, Araki Y.
Birth and follow-up of babies born following ICSI using SrCl2 oocyte activation.
Reprod Biomed Online. 2008 Jul;17(1):53-8
Kanto S, Sugawara J, Masuda H, Sasano H, Araki Y, Kyono K.
Fresh motile testicular sperm retrieved from nonobstructive azoospermic patients has the same potential to achieve fertilization and pregnancy via ICSI as sperm retrieved from obstructive azoospermic patients.
Fertil Steril. 2008;90:2010e5-7.

2007年

京野廣一:
「周産期とART 単一胚移植と多胎.IVF J News」
IVF news編集委員会.40:02,2007.
Koichi Kyono,Yukiko Nakajo, Shima Kumagai, Chikako Nishinaka:
Vitrifying and warming of oocytes using cryotop. In Tucker MJ and Liebermann J eds, Vitrification in asisited reproduction
-A user's manual and trouble-shooting guide-. Informa Healthcare, 153-161, 2007.
Kanto S, Takahashi K, Maehara I, Fukuzaki A, Kyono K, Arai Y.
Incidental testicular cancers that subsequently developed in oligozoospermic and azoospermic patients: report of three cases.
Fertil Steril. 88:1374-1376, 2007.
西中千佳子、熊谷志麻、中條友紀子、伊東みゆき、柳原祐香里、京野廣一:
「アンケートによる凍結胚移植児の出生調査−3種類の異なる凍結法による比較検討−」
産婦の実際. 56(10);1577-1583,2007.
京野廣一、菅原準一、中條友紀子:
「AIHとAID 図説よくわかる臨床不妊症学【一般不妊治療編】」
中外医学社.226-237,2007
京野廣一:
「いまのヒト卵子凍結技術は完璧か? 医学のあゆみ」
医歯薬出版株式会社.232:103-106,2007.
京野廣一、戸屋真由美、宇都博文:
「3 採卵法 図説よくわかる臨床不妊症学」
中外医学社. 138-146, 2007
京野廣一:
「D-7 胚凍結 生殖医療ガイドライン2007」
金原出版株式会社. 240-242,2007
Kyono K, Uto H, Nakajo Y, Kumagai S, Araki Y, Kanto S.
Seven pregnancies and deliveries from non-mosaic Klinefelter syndrome patients using fresh and frozen testicular sperm.
J Assist. Reprod. Genet. 24: 47-51, 2007.
京野廣一・中條友紀子:
「3.卵子および胚凍結 回答−産婦人科 専門医にきく最新の臨床」
中外医学社 183-185,2007.

2006年

Koichi Kyono, Hirofumi Uto, Yukiko Nakajo, Shima Kumagai, Yasuhisa Araki, Satoru Kanto
「Seven Pregnancies and Deliveries from Non-Mosaic Klinefelter Syndrome Patients Using Fresh and Frozen Testicular Sperm.」 J Assisted Reprod Genet electronic publication, Dec. 20, 2006
Koichi Kyono, Yukiko Nakajo, Shima Kumagai, Sachiko Sasaki
「Efficacy of low-dose human chorionic gonadotropin (hCG) in a GnRH antagonist protocol.」
J Assist Reprod Genet 23: 223-228, 2006
京野廣一
「不妊クリニック. これからのセカンドオピニオン外来」
診断と治療社 125-130, 2006
京野廣一
「凍結技術の恩恵」
大崎市医師会報 86: 9-10, 2006
京野廣一、宇都博文
「良質卵子を得る調節卵巣刺激(COS)」
産婦人科治療 93(3): 254-257, 2006
佐々木恵子、笠島道子、佐々木幸子、佐々木敏恵、鈴木明香、中條友紀子、星山千晶、京野廣一
「不妊患者のカウンセリングにおける心の動き」
日本不妊カウンセリング学会誌4:19-23,2006
佐々木幸子、笠島道子、佐々木恵子、鈴木明香、佐々木敏恵、中條友紀子、京野廣一
「カウンセリングにおける流産患者の心の変化」
日本受精着床学会誌 23:259-262,2006
京野廣一
「未婚女性の卵子・卵巣組織凍結保存. コメディカルARTマニュアル」
永井書店 344-347,2006
京野廣一
「卵子・卵巣組織の凍結保存−未婚の場合も含めて−. 図説ARTマニュアル改訂2版」
永井書店 115-119,2006
京野廣一
「卵胞発育調節法の工夫」
臨婦産 60:41-44,2006

2005年

Kyono K.
「Blastocyst cultures: Today and Tomorrow」
J Reprod Engineer 8(Suppl.)330-336,2005.
京野廣一、中條友紀子、熊谷志麻、佐々木幸子
「総説 採卵と胚移植」
J Mamm. Ova. Res. 22:198-205,2005
Koichi Kyono, Kohei Fuchinoue, Akiko Yagi, Yukiko Nakajo, Ayako Yamashita, Shima Kumagai
「Successful pregnancy and delivery after transfer of a single blastocyst derived from a vitrified mature human oocyte.」
Fertil Steril 84:1017.e5-e6, 2005
Kyono K.
「Blastocyst development. Reprod. Immunol」
Bilol. 20:18-23,2005
Kyono K.
「Evidence-based Oocyte Aspiration and Embryo Transfer」
J Mamm. Ova Res 22:13-19,2005
京野廣一
「GnRH antagonist (cetrorelix)を用いた卵巣刺激法−症例報告とより有効な投与法の検討−」
産と婦 72:945-950,2005.
京野廣一
「卵巣予備能(Ovarian reserve)と卵巣刺激法」
不妊ケアABC 医歯薬出版株式会社 95-97,2005.
京野廣一
「内分泌検査法」
不妊ケアABC 医歯薬出版株式会社 26-32,2005.
京野廣一、中條友紀子、佐々木幸子
「卵のタイミングと採卵法の工夫」
改訂4版 進化していく体外受精Progress.メジカルビュー社 133-137,2005.
京野廣一、佐々木恵子、淵之上康平、中條友紀子、八木亜希子
「二段階胚移植の有効性の検討」
産婦の実際 54:521-523,2005.
京野廣一
「卵巣刺激法.生命の誕生に向けて 生殖補助医療(ART) 胚培養の理論と実際」
日本哺乳動物卵子学会編集. 近代出版 75-80,2005.
京野廣一、佐々木幸子、淵之上康平、中條友紀子、八木亜希子
「男性悪性腫瘍の3症例」
産婦の実際 54:365-371,2005.