京野アートクリック(仙台)は、無精子症などの男性不妊をはじめ、男性と女性のどちらも治療できるクリニックです

KYONO ART CLINIC 京野アートクリニック 仙台

コラム

がん患者の精液を凍結保存し、その後生殖補助医療にどのくらい使用され、その結果はどうだったか

Muller I et al. Semen cryopreservation and usage rate for assisted reproductive technology in 898 men with cancer. Reprod BioMed Online (2016) 32:147-153

 オランダで1983年から898名のがん患者の精液を凍結保存して、その後に生殖補助医療(ART)にどのくらい使用され、その結果はどうだったかと言う論文です。
 患者は精巣腫瘍 393名、ホジキンリンパ腫139名、白血病 89名、非ホジキンリンパ腫80名、骨軟骨腫瘍 37名、中枢神経腫瘍 34名、消化器疾患 33名の順で、平均年齢は29±8歳でした。
精液を凍結保存していた898名の内、10.7%(96名)の精液がARTで使われ、34%(304名)の精液はARTに使用されることなく廃棄され(理由は死亡、回復、自然妊娠、挙児希望無し)、55%(498名)が凍結保存継続中です。凍結保存期間はまだ使われずに凍結を継続している患者の7.2±5.2年はARTに使用あるいは廃棄された患者の13.3±5.7年に比べて明らかに短かい結果でした。
 96名の内78名がユトレヒト大学で治療を受け、77%(60)が子供をもうけ、23%(18)が子供をもてませんでした。
 人工授精、体外受精、顕微授精での生産は各々13, 19、28でした。ARTが行われた時点での女性の年齢は31.2±4.6(21-43)歳、精液凍結からART使用までの期間は4.8(0.5-13.3)年でした。
 結論としてARTに用いられる確率は10.7%と低いが、ARTに使用された場合の成功率は満足のいくものでした。当院でも140名以上のがん患者が精子を凍結保存しています。
できれば、化学療法前に精子を凍結保存しておきたいものです。

京野アートクリニック CEO 京野廣一