京野アートクリック(仙台)は、無精子症などの男性不妊をはじめ、男性と女性のどちらも治療できるクリニックです

KYONO ART CLINIC 京野アートクリニック 仙台

コラム

IVFにおける反復着床不全:最終的に妊娠に至る周期の特徴(婦人科 戸屋)

今回、反復着床障害があり、最終的に妊娠に至った患者と妊娠に至らなかった患者について、その患者の特性および体外受精周期の特性を比較した論文を紹介いたします。

〜IVFにおける反復着床不全:最終的に妊娠に至る周期の特徴〜
Recurrent implantation failure in IVF: features of cycles that eventually ended in conception.
Bord I et al
Arch Gynecol Obstet. 2016 Apr;293(4):893-900. doi: 10.1007/s00404-015-3954-0. Epub 2015 Nov 11.

体外受精周期の新鮮胚移植が3回以上着床に至らなかった35歳未満の患者を対象とした後方視的研究です。FSH値、刺激周期の特性、受精率、移植後の黄体補充の種類、子宮腔の評価/分析、前周期掻爬(内膜スクラッチ)とその後の移植転帰の関係、妊娠率について
184症例、体外受精854周期について分析した結果です。
卵巣予備能力および排卵誘発剤注射の効果で妊娠に至った症例と、至らなかった症例に統計的有為差は認められませんでした。最終的に妊娠に至った周期の特徴は、卵巣刺激期間が短いこと(10.87±2.17 vs 11.34±2.33、p<0.05)、hCG投与日のエストロゲン値が高いこと(1661±667 vs 1472±633pg/ml、p=0.009)、顕微授精のよる受精卵数が多いこと(5.04±4.29 vs 3.85±3.45、p=0.002)、移植可能な胚が多いこと(5.98±3.89 vs 5.12±3.31、p=0.002)であった。エストロゲンおよびプロゲステロン併用による黄体補充と子宮内膜スクラッチを併用した後の採卵周期と妊娠率上昇の間には正の相関が認められました。


妊娠に至った周期の特徴
1) 採卵までの卵巣刺激期間が短い
2) hCG投与日のエストロゲン値が高い
3) 受精卵数および移植可能胚が多い
4) エストロゲンとプロゲステロン製剤併用の黄体補充
5) 子宮内膜スクラッチ(前周期掻爬)

妊娠率に差がなかった項目
1)卵巣予備能力およびFSH値
1)3D超音波で子宮形態異常(一番多いのが筋層内筋腫)
 →子宮内腔にゆがみなければ妊娠率に差なし
2)染色体核型
3)子宮鏡検査
  →異常なし群の妊娠率11.3%、異常あり群の妊娠率6.8%と
   異常のない症例のほうが妊娠率は高かったが有意差はなし
4)試験的腹腔鏡検査
5)凝固異常症例に対する抗凝固療法
6)hCG投与日の内膜の厚さ
7)排卵誘発剤の種類(HMG、FSH、rFSH製剤)
8)採卵数
9)黄体補充の投与方法:筋肉注射と腟座薬

結論として、当たり前ですが反応のよい周期に妊娠に至ること、しっかり黄体補充することが重要です。また、なかなか着床に至らない場合、子宮内膜スクラッチ(前周期掻爬)が有効の場合もあります。当院でも、前周期掻爬を施行しております。また、良好胚盤胞を凍結融解胚移植しても妊娠に至らない着床障害症例では25%で、着床の窓のずれがあるとの報告もあり、当院では、前周期掻爬を兼ねた子宮内膜受容能検査(ERA)も行っています。

子宮内膜受容能検査(ERA)について

http://ivf-kyono.jp/medical/era.php

医師部 戸屋真由美