京野アートクリック(仙台)は、無精子症などの男性不妊をはじめ、男性と女性のどちらも治療できるクリニックです

KYONO ART CLINIC 京野アートクリニック 仙台

コラム

速読への道(高輪看護部 兵藤)

こんにちは、高輪看護部の兵藤です。

7月に入り突然暑くなりましたね。みなさん体調崩されてないですか?

さて、そんな夏日和な7月最初の日曜日、私はお目当ての本を探しに本屋へ行ってきました。本はもともと嫌いな方ではないのですが、最近あまり読む時間を取れていないなと思い、手に取ったのは「速読」の本。

少し前は書店で速読の二文字を沢山見かけたと記憶しているのですが、最近はあまり流行らないのか小さな書店ではセクションがなく、大きめの書店でもちょっとしたスペースに数冊置いてあるだけでした。
その中で気に入ったものがあったので購入し早速電車の中で読み始めたのですが、速読法の本というのは熟読したらよいのか、はたまた速読の練習だと思って早く読んだらよいのか、少し悩むものですね。

読んでいる中なるほどと感じた一文です。「実は本を買った日そのものが、本を読む最大のチャンスだということを忘れてはいけません」(斎藤孝の速読塾 斎藤孝著・筑摩書房)
この文章が最初の方で出てくるので、結構なプレッシャー。途中居眠りしつつも斎藤先生のこの言葉が思い出され、どうにかその日の内に最後まで読み切る事ができました。
なんとなく速読がわかったつもりになり、読み切れた自分にもちょっと満足。

さぁここから速読を身につける旅に出られるか、それとも従来通りの読み方をしていくのか、今後の自分がちょっぴり楽しみになった日曜日でした。

(高輪看護部 兵藤英美子)