京野アートクリック(仙台)は、無精子症などの男性不妊をはじめ、男性と女性のどちらも治療できるクリニックです

KYONO ART CLINIC 京野アートクリニック 仙台

コラム

家庭菜園について(仙台看護部 海藤)

みなさん、こんにちは。仙台看護部の海藤です。

最近仙台は、だいぶ寒くなってだんだん冬に近づいている感じですね。
秋も終わりですが、秋といえば食欲の秋ということで、今年、初めて植えてみたさつまいもを先日掘ってみました。
毎年、自宅の庭で何種類か野菜を育てています。
と言っても、プランターでほとんど手のかからない、ナスやピーマン、ミニトマトなどがいつもの定番だったのですが、今年はホームセンターに行った際に大好きなさつまいもが目に入り、勢いでさつまいもの苗を2本と深めのプランターを買いました。それが6月下旬くらいだったのですが、苗の種類はもうほとんどなく、あったのがジェイレッドという種類だけでした。
よく品種も育て方もわからなかったのですが、秋に焼き芋が食べたいな、という思いで買ってしまい、早速自宅に帰ってプランターに植えてみました。
その後、ネットなどをみてみると、さつまいもは蔓が伸びてそこに芋が育っていくということでした。その後、やはり蔓がどんどん伸びてプランターでは収まらないくらいになり、結局、庭にも蔓が伸びてしまう事態となりました。
そんなこんながありながら、10月の下旬ごろ芋ほりをしてみました。
掘ったさつまいもは、いつも食べているような紫色よりも色合いとしてはオレンジっぽい人参みたいな色で、時期が早かったのか、プランターに植えたからか、小ぶりなものが多かったです。
食べ方を検索すると、甘みが少ない品種でジュースなどに向いているとあり、焼き芋にしたかった私はショックでした。
しょうがないので、砂糖を入れてスイートポテトを作ったり、シチューに入れていただきました。
来年は、もう少し計画的にさつまいもにリベンジして秋にはおいしい焼き芋を食べたいと思います。

(仙台看護部 海藤)