京野アートクリック(仙台)は、無精子症などの男性不妊をはじめ、男性と女性のどちらも治療できるクリニックです

KYONO ART CLINIC 京野アートクリニック 仙台

コラム

タイムラプスモニタリングシステムを用いた観察の重要性

当院では2018年1月より、全症例タイムラプスシステムを用いて、特に重要と言われる受精確認から第1分割までの観察を重点的に受精卵(胚)の観察をしております。タイムラプスとは胚の成長を連続して観察することができる装置で、成長の過程で起こる重要な現象を見逃すことなく培養することができます。

通常の観察方法では、約10〜15%の受精卵において前核が消失しており、受精しているかどうか、正常受精しているかの判断が難しいというデメリットがありますが、タイムラプスを用いることで前核の確認を確実に行うことが可能です。
また、「異常な分割(ダイレクト分割、リバース分割、不明瞭な分割など)」や1つの割球に複数の核が出現する「多核」の発見も可能です。

<正常な受精および第1分割>
20180403_1.png
<異常な分割:ダイレクト分割>1細胞から3細胞以上に分割

20180403_2.png

<異常な分割:リバース分割>一度分割した細胞が戻る

20180403_3.png

<異常な分割:不明瞭な分割>分割がはっきりせず、分割面が不明瞭20180403_4.png

<多核>1つの細胞に通常1つである核が2つ以上ある20180403_5.png

更に、分割時間を細かく記録できるため、そのデータを元に様々な分析をすることもできます。


今回ご紹介するのは、タイムラプスで観察された「異常な分割」「多核」「発生速度」によって胚の発生能および倍数性(染色体数が正常であるか)が予測できるのか?という論文です。2018年にアメリカから発表された論文です。                                                            
【論文タイトル】Are cleavage anomalies,multinucleation,or specific cell cycle kinetics observed with time-lapse imaging predictive of embryo developmental capacity or ploidy?

【雑誌名】Fertility and Sterility 2018

【著者】Nina Desai et al.

<対象>
2012年~2016年にアメリカ オハイオ州のクリニックでICSI(顕微授精)を行い、胚盤胞でPGS(着床前スクリーニング)を行った130名の患者。患者平均年齢は36.3±4.3歳。
※現在、日本ではPGSは認可されておりません。

<結果1>
・ダイレクト分割、不明瞭な分割が観察された胚の拡張胚盤胞率は低下する。
・ダイレクト分割、リバース分割、不明瞭な分割、多核の事象が"単体"で観察された胚でも、異常な事象が観察されなかった胚と比較して染色体正常率は変わらない。しかし、これらの異常な事象が"複数"観察された場合は染色体正常率が有意に低下する。
20180403_6.png
<結果2>
・tSB(胚盤胞腔形成開始時間)、tEB(拡張胚盤胞到達時間)、tEB-tSB(胚盤胞腔形成開始から拡張胚盤胞到達までの時間)が染色体正常率に関係している。
・tSB ≧ 96.2h、tEB > 116h、tEB-tSB >13hで染色体正常率が有意に低下する。

20180403_7.pngこれらの結果より、異常な事象及び後期胚の発生速度(通常、培養4日目~6日目で胚盤胞になります)によって染色体正常率が異なることが分かり、タイムラプスを用いた観察の重要性が示されました。

京野アートクリニックでは、希望性(有料)になりますが、受精から6日目までの胚発育過程の動画をUSBに入れてお渡しし、3日目初期胚もしくは胚盤胞までの分割時間等により良好胚を選択する際の指標となるKIDScoreの解析を行い、報告書を作成・説明しております。
詳細はスタッフにお申し付けください。

(高輪培養部 相良)