京野アートクリック(仙台)は、無精子症などの男性不妊をはじめ、男性と女性のどちらも治療できるクリニックです

KYONO ART CLINIC 京野アートクリニック 仙台

FT(卵管鏡下卵管形成術)

FT(卵管鏡下卵管形成術)

FT(卵管鏡下卵管形成術)とは

FT(卵管鏡下卵管形成術)とは

FT(卵管鏡下卵管形成術)は、不妊原因の約3割強と言われる卵管因子の不妊症の方を対象にした比較的新しい治療法です。卵管に障害がある方でも、自然妊娠を期待できる治療として、今とても注目されている治療です。

不妊症の基本検査として、子宮卵管造影を実施します。
その検査では卵管が詰まっていないか、狭くなっていないかという卵管の通過障害の有無を確認します。もし、卵管が詰まっていたり、狭くなってしまっていると、卵子や精子が卵管を通ることができないため、今までは通常、「腹腔鏡手術」をうけるか、「体外受精」を受けるしか方法はありませんでした。

FT(卵管鏡下卵管形成術)とは

しかし、FTは、カテーテルと呼ばれる細い管を子宮へ挿入し、内蔵のバルーンを卵管に通して卵管通過性を回復させる日帰り治療法です。

膣から子宮の入口を通って子宮内にカテーテルを挿入するため、体への負担が少なく、治療時間が30分程なので外来での治療が可能です。また、治療と同時に、内視鏡で卵管内の状態を確認することができます。

FT実施のメリット

FT実施のメリット

FTは卵管因子の不妊症でお困りの方への新しい治療方法です。

  • ほとんど痛みはなく、体への負担が少ない治療時間が30分程度の外来処置です。
  • FT実施後、自然妊娠をされた方はその中の約3割といわれています。
  • 保険適用(高額療養費対象)となる治療です。

この治療法は、比較的新しい治療法のため、実施施設も、治療ができる医師も限られているのが現状です。
当院では、開院当初から、FTを実施しておりますので、卵管因子でお困りの方は、是非、一度ご相談ください。