京野アートクリック(仙台)は、無精子症などの男性不妊をはじめ、男性と女性のどちらも治療できるクリニックです

KYONO ART CLINIC 京野アートクリニック 仙台

男性不妊症について

男性不妊症について

不妊症というと、どうしても原因が女性にあると考えられがちですが、実は不妊の原因は男女半々だと言われています。
このページでは、当院が力をいれている男性不妊症やその治療法をご案内いたします。

男性不妊症について

精巣の大きさ:(オーキドメーター):20ml程度
精細管:長さ40cm,1精巣あたり600本、
全体だと180-480m
ライディッヒ細胞:間質の10-20%を占める。
テストステロン産生95%(LHが刺激)
セルトリ細胞:採精管内の細胞の35-40%を占める。
精子形成に必要な因子の産生(FSHが刺激)

精子ができるまで
精粗細胞→第1精母細胞→第2精母細胞→精子細胞→精子(74日間かかって精子が形成されます)

精子は熱に弱いため、下記のようなことに気を付けることで不妊予防につながります。

あなたの精子を守るための10か条

  1. 禁煙
  2. ブリーフよりもトランクス
  3. 飲酒は適量に
  4. 長風呂、長サウナは控える
  5. 自転車・バイクに乗り過ぎない
  1. 放射線に要注意
  2. 育毛剤を飲まない
  3. 規則正しい生活
  4. 膝上でノートPCを使わない
  5. 禁欲しすぎない

泌尿器科診察

問診・検査

泌尿器科の診察では、まず初めに問診をして生活習慣、今までの病歴、気になることなどをお伺いします。
そして精液検査の他に、基本的な検査を行います。基本的な検査項目は、視触診、超音波検査、ホルモン検査です。

また必要に応じて、染色体検査、AZF検査を行います。

診断

診断

当院ではまず、精液検査を行なっていただきます。
正常な精液の目安は以下の通りです。

精液量 1.5 mL 以上
精子濃度 1500万個/mL 以上
精子運動率 40% 以上(うち8割が前進運動精子)
正常形態精子 4% 以上(=奇形率96%未満)
精液中白血球 100万個/mL 未満
色調 乳白色

右図は精液検査によってわかる主な病名です。

当院で行っている男性不妊症の治療

男性不妊症にも、いろいろな種類があります。

(Ⅰ)無精子症

無精子症とは射出精液中に精子が極端に少ないか、全くない状態のことです。

一般に100人1人の割合で無精子症の男性がおり、不妊治療中の患者様の中は5人に1人が無精子症です。
また、無精子症には、睾丸の機能が低く精巣内の精子の数が極端に少ない非閉塞性無精子症と、
精子の通り道が詰まっている閉塞性無精子症があります。

当院では、男性の手術も局所麻酔を用いて行いますので日帰り手術となっております。

(Ⅱ)勃起障害・射精障害

男性が排卵日に計画的に夫婦生活を持つことにストレスを感じておこる症状です。
当院では、心理カウンセリングや薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)にて治療を行います。

(Ⅲ)下垂体性性腺機能低下症

下垂体から分泌される性腺(精巣)刺激ホルモンが不十分であるため、無精子症や乏精子症となる病態です。
長期にわたりホルモンを投与(自己注射)することにより、治療可能で効果も優れています。

(Ⅳ)その他

  1. 非ホルモン療法 (漢方薬、ビタミン剤、サプリメントなど)
  2. ホルモン療法 (クロミフェン、レトロゾールなど)
  3. AIH (軽度乏精子症、精子無力症、性交後試験の結果不良)
  4. ICSI (高度乏精子症、精子無力症、精子不動症、体外受精による受精障害など)

宮城県では男性不妊治療の助成が新設されました。
特定不妊治療に至る過程の一環として,精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術を行った場合に15万円まで助成されます。詳しくはこちら。※助成金についてはお住いの都道府県により異なる場合がございます。

男性不妊に関する料金については料金一覧をご覧ください