京野アートクリック(仙台)は、無精子症などの男性不妊をはじめ、男性と女性のどちらも治療できるクリニックです

KYONO ART CLINIC 京野アートクリニック 仙台

無題ドキュメント

2015年〜2016年の学会参加・演題発表

2017年〜2018年の学会参加・演題発表

2018年

10月7日
平成30年度 第10回生殖補助医療胚培養士セミナー
【参加者】
井上穂香、熱海夕子
【場所】
TFTビル東館(東京)
10月5日-11日
ASRM2018
【演者】
五十嵐秀樹
(演題)
Effects of melatonin and resveratrol on embryo development and clinical outcomes in poor-prognosis IVF patients(poster)
【演者】
服部裕充
(演題)
A time-lapse sibling oocyte study: does embryo culture media have an impact on morphokinetic parameters?(poster)
【参加者】
菊地寿美
【場所】
Colorado Convention Center(アメリカ)
9月27日-29日
ASPIRE Masterclass State of ART in IVM 2018
【参加者】
服部裕充
【場所】
Novotel Saigon Centr(ベトナム)
9月13日-15日
The 20th Chongqing ART Conference
【演者】
京野廣一
(演題)
Strategy for recurrent implantation failure: Analysis of endometrial receptivity and endometrial microbiota
【場所】
ChongQing Yuzhou Hotel(中国)
9月8日
日本生殖看護学会・学術集会
【演者】
大野雅代
(演題)
卵子凍結後の現状と看護師の役割(口頭)
【場所】
博多
9月6日-9月9日
第28回遺伝医学セミナー
【参加者】
戸屋真由美
【場所】
ホテル阪急大阪エキスポパーク(大阪)
9月4日
高輪の講演会
9月2日
第20回東北ART研究会
【代表世話人・座長】
京野廣一
【演者】
奥山紀之
(演題)
悪性腫瘍患者の妊孕性温存:当院における卵巣凍結の取り組み
【演者】
菅谷典恵
(演題)
がん患者の卵巣凍結-遠隔診療を用いて心理的・生殖医学的サポートを行い、卵巣搬送・凍結を実施した症例-
【参加者】
五十嵐秀樹、戸屋真由美、橋本朋子、小泉雅江、加藤瑞穂、村上典子、服部裕充、伊藤友子、服部百恵、佐藤可奈子、荒井詠美、熊王知唯梨、横田友実、中條友紀子、青野展也、佐々木敏恵、三浦さゆり、髙橋瑞穂、熱海夕子、木戸葉澄、羽藤彩、菊地寿美、大沼千春、小野寺恭子、小野寺ゆき、及川清貴、中村祐介、朝倉めぐみ、片岡万里乃、坂本絵里、茂庭恵子
【場所】
江陽グランドホテル(宮城)
8月26日
日韓カンファランス
【演者】
京野廣一
(演題)
To what extent is the human uterine microbiome involved in implantation failure?
【場所】
神戸ポートピアホテル(兵庫)
8月19日
生殖バイオロジー東京シンポジウム
【演者】
京野廣一
(演題)
子宮内フローラ、着床にどこまで関与?
【場所】
東京ガーデンテラス紀尾井町(東京)
7月26日-27日
第36回日本受精着床学会総会・学術講演会
【座長(世界体外受精会議)・演者】
京野廣一
(演題)
着床不全に対するERA(Endometrial Receptive Analysis)/子宮内細菌叢解析Microbiotaの有効性について(シンポジウム)
【演者】
中條友紀子
(演題)
胚培養液の胚発生、妊娠・流産、単胎出生児に与える影響の検討
【演者】
海藤珠恵
(演題)
生殖補助医療(ART)による血栓・塞栓症予防の取り組み
【演者】
菊地寿美
(演題)
自然周期産卵における非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)使用の採卵と胚発生への影響の検討
【演者】
小幡隆一郎
(演題)
当院における血中AMH値から見たIVM適応症例
【演者】
菅谷典恵
(演題)
遠隔診療により事前に心理的・生殖医学的サポートを行い搬送・卵巣凍結を実施できたがん患者の1症例
【場所】
幕張メッセ(千葉)
7月1日-4日
ESHRE2018
【演者】
青野展也
(演題)
Laboratory factor affects the occurrence of multinucleated blastomeres(poster)
【参加者】
京野廣一、高橋瑞穂
【場所】
Centre de Convencions Internacional de Barcelona(スペイン)
6月9日-10日
第25回セント・ルカセミナ
【参加者】
井上穂香
【場所】
全労済ソレイユ(大分)
6月8日
乳がん治療を考える会
【演者】
京野廣一
(演題)
遠隔診療と搬送を活用した妊孕性温存
【演者】
佐藤可奈子
(演題)
乳がん患者:妊孕性温存の実際
【参加者】
五十嵐秀樹、戸屋真由美、小泉雅江、長浦聡子、加藤瑞穂、青野展也、服部裕充、中村祐介、髙橋瑞穂、柴崎世菜、井上穂香、片岡万里乃、菊地寿美、青木晶子、古里咲綺乃、嵯峨真奈美、羽藤彩、深田昌代、坂本絵里、茂庭恵子、服部百恵、佐々木加奈子、鎌田彩歌、冨樫英里、菅谷典恵、横田友実、伊藤友子、荒井詠美、及川清貴、大沼千春
【場所】
勝山館(宮城)
6月2日-3日
JISARTセミナー・シンポジウム
【参加者】
京野廣一、青野展也、鈴木志歩、荻野まどか、菅谷典恵、佐々木琴美、荒井詠美、服部百恵、服部裕充
【場所】
長崎ブリックホール(長崎)
5月26日-27日
第59回日本卵子学会学術集会
【座長】
京野廣一(シンポジウム)
【演者】
奥山紀之
(演題)
顕微授精症例におけるSwim-Upは有効か?
【演者】
中村祐介
(演題)
新規培養液HiGROW OVITを用いた培養成績及び臨床成績の検討
【演者】
高橋瑞穂
(演題)
新メラトニンおよびレスベラトロール内服による胚発生改善効果の検討
【場所】
大宮ソニックシティ(埼玉)
5月12日-13日
JISART配偶者カウンセラー研修
【参加者】
菅谷典恵
【場所】
新大阪丸ビル(大阪)
5月11日-13日
第70回日本産科婦人科学会学術講演
【演者】
京野廣一
(演題)
The best and safest strategy for fertility preservation for cancer patients in Japan(poster)
【参加者】
橋本朋子、菊池卓
【場所】
仙台国際センタ―(宮城)
5月2日-7日
PGDIS2018
【参加者】
中條友紀子
【場所】
Centara Grand at CentralWorld (タイ)
4月20-22日
第17回生殖補助医療胚培養士認定講習会・資格審査
【演者】
高橋瑞穂、柴崎世菜
【場所】
TFTビル東館(東京)
4月13日-15日
ASPIRE2018
【演者】
京野廣一
(演題)
Ovarian tissue cryopreservation in Japan(symposium)
(演題)
An analysis of endometrial microbiota by 16s rRNA gene sequencing among infertile patients: a single center pilot study (poster)
【演者】
小倉友里奈
(演題)
Time-lapse evaluation and comparison of human implanted and non-implanted embryo development with different culture media
【場所】
Taipei International Convention Center(台湾)
3月27日
平成30年診療報酬改定講習会 診療報酬改定に伴う集団指導
【参加者】
清水桃子
【場所】
新宿文化センター(東京)
3月18日
第7回がん治療と妊孕性温存の勉強会
【参加者】
舟橋英美子、兵藤英美子
【場所】
IVF大阪クリニック(大阪)
3月18日
第13回日本生殖発生医学会
【演者】
柴崎世菜
(演題)
ICSIおよびIVF後の1PN胚の臨床成績(poster)
【場所】
シェーンバッハ・サボー(東京)
3月10日
宮城産科婦人科学会
【参加者】
京野廣一
【場所】
宮城県医師会館(宮城)
2月27日-3月2日
公認心理師 現認者講習会
【参加者】
菅谷典恵
【場所】
国連大学(東京)
2月25日
第2回Piezo-ICSIフォーラム
【参加者】
井上穂香、熱海夕子
【場所】
Vision Center東京別館(東京)
2月25日
第9回 日本生殖心理学会 継続研修会
第15回 日本生殖心理学会 学術集会
【参加者】
菅谷典恵
【場所】
都市センタ―ホテル(東京)
2月24日
第2回日本がん・生殖医療専門士 継続研修会
【参加者】
菅谷典恵
【場所】
都市センタ―ホテル(東京)
2月18日
2018年度JISART審査説明会
【参加者】
京野廣一、五十嵐秀樹、青野展也、中條友紀子、村上典子、大野雅代、相澤里和、嵯峨真奈美、奥山紀之、菅谷典恵
【場所】
AP品川(東京)
2月17日-18日
第9回遺伝医学セミナー入門コース
【参加者】
服部裕充
【場所】
名古屋国際会議場(愛知)
2月8日-12日
Embryo biopsy hands-on Training
【参加者】
青野展也
【場所】
Monash Medical Centre(メルボルン、オーストラリア)
2月11日
第8回日本がん・生殖医療学会
【演者】
奥山紀之
(演題)
緊急妊孕性温存を必要とした乳がん患者に卵巣凍結を実施しえた1例
【演者】
佐藤愛
(演題)
精子凍結における妊孕性温存の必要性
【参加者】
菅谷典恵
【場所】
御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンタ―(東京)
2月11日
第19回東北ART研究会
【代表世話人】
京野廣一
【参加者】
五十嵐秀樹、戸屋真由美、小泉雅江、加藤瑞穂、服部裕充、中村祐介、高橋瑞穂、柴崎世菜、井上穂香、片岡万里乃、嵯峨真奈美、羽藤彩、深田昌代、茂庭恵子、佐々木敏恵、海藤珠恵、矢本咲、髙橋円香、佐々木琴美、沼田愛子、三浦さゆり、及川清貴、小野寺ゆき、大沼千春、小野寺恭子
【場所】
江陽グランドホテル(宮城)
1月20日-21日
第6回日本HBOCコンソーシアム学術総会
【参加者】
越智将航
【場所】
聖路加臨床学術センタ―(東京)
1月16日
がん・生殖医療のはじめの一歩~ヘルスケアプロバイダーの情報提供~
【演者】
京野廣一
(演題)
日本の妊孕性温存の現状と海外との比較
【演者】
Prof. Markus Montag
(演題)
FertiPROTEKTにおける妊孕性温存
【演者】
大野 雅代・菅谷 典恵
(演題)
がん・生殖医療のはじめの一歩 ヘルスケアプロバイダーの情報提供
【参加者】
橋本朋子、菊地卓、笠島道子、京野恵介、及川清貴、越智将航、尾山佳代子、小幡隆一郎、奥山紀之、小倉友里奈、相良恵里、熊王知唯梨、金子千鶴、佐藤愛、田中敦子、田中千春、鈴木志歩、兵藤英美子、小林愛理、佐藤紀江、堀内佳南枝、森井千春、清水桃子、橘順子、河野郁子、相澤里和、荻野まどか、角田佐保
【場所】
TKP品川カンファレンスセンターANNEX(東京)
1月16日
EmbryoScope/EmbryoScope+ユーザ向け少人数制ワークショップ
【参加者】
中條友紀子
【場所】
Vitrolige東京オフィス(東京)
1月6日-7日
第23回日本臨床エンブリオロジスト学会
【演者】
青木晶子
(演題)
凍結融解胚移植における胚盤胞グレードと融解後再拡張が臨床成績と児の発育に及ぼす影響について
【場所】
すみだリバーサイドホール(東京)

2017年

12月15日-16日
第3回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会
【演者】
京野廣一
(演題)
若年性乳癌患者の妊孕性温存と遺伝カウンセリングの重要性について
【演者】
小泉雅江
(演題)
当院で遺伝カウンセリングを受けた染色体構造異常を有するカップルの背景と治療予後
【場所】
淡路夢舞台国際会議場(兵庫)
12月12日
台原がんセミナー
【参加者】
中村祐介、柴崎世菜
【場所】
東北労災病院(宮城)
11月26日
メルクセローノ アドバイザリーボードミーティング
【演者】
菅谷典恵
(演題)
妊活中の夫婦間コミュニケーションと、TESEと無精子症カウンセリングの相違点について
【場所】
メルクセローノ社(東京)
11月16日-18日
ISFP2017
【演者】
中村祐介
(演題)
Residual ethylene glycol (EG) and dimethyl sulfoxide (DMSO) concentration in bovine ovarian tissues during warming procedure of vitrification method and slow freezing method
【場所】
Vienna Marriott Hotel(オーストリア)
11月16日-17日
第62回日本生殖医学会学術講演会
【演者】
京野廣一
(演題)
卵巣凍結保存による妊孕性温存:費用対効果・安全性・クオリティについての検討
【演者】
橋本朋子
(演題)
子宮内膜受容能検査の有効性について
【演者】
青野展也
(演題)
胚培養士の教育と問題点
【演者】
岡奈緒
(演題)
培養液による胚の発生速度の違いと妊孕性について
【演者】
相良恵里
(演題)
多核胚の発育及び移植後の妊娠率・流産率と年齢の関係
【演者】
田中敦子
(演題)
乳がん患者が妊孕性温存後、がん治療を経て妊娠・出産に至った2症例
【演者】
高橋瑞穂
(演題)
Day3胚と胚盤胞のKIDScoreTMは胚盤胞形成と妊娠成立の予測に有用である
【演者】
羽藤彩
(演題)
生殖補助医療により血栓・塞栓症を発症した6症例の検討
【場所】
海峡メッセ下関 (山口)
11月15日-18日
日本人類遺伝学会第62回大会
【演者】
戸屋真由美
(演題)
生殖補助医療(ART)における流産症例の染色体検査結果の検討
【場所】
神戸国際会議場(兵庫)
11月11日
第620回宮城産科婦人科学会集談会
【参加者】
五十嵐秀樹
【場所】
艮陵会館(宮城)
11月3日
JSFP-Oncofertility Consortium Japan Meeting 2017
【参加者】
京野廣一
【場所】
岐阜大学サテライトキャンパス(岐阜)
10月28日-11月1日
ASRM
【演者】
田中夕子
(演題)
Effect of cancer treatment on female reproductive outcomes
【参加者】
中條友紀子
【場所】
San Antonio, TX (USA)
10月21日
第55回日本癌治療学会学術集会
【演者】
京野廣一
(演題)
悪性腫瘍患者の妊孕性温存(FP)目的で卵巣凍結保存を必要とする患者数の検討
【場所】
パシフィコ横浜(神奈川)
10月14日
第55回東北生殖医学会
【演者】
小泉雅江
(演題)
若年性子宮体癌のMPA療法後にARTを行い生児を獲得したPCOSの1例
【演者】
中村祐介
(演題)
緊急妊孕性温存(FP)を必要とした乳がん患者に卵巣凍結(OTC)および受精卵凍結を実施しえた1例
【演者】
片岡万里乃
(演題)
凍結融解胚移植における胚盤胞グレードが臨床成績と児の発育に及ぼす影響について
【場所】
コラッセふくしま(福島)
9月30日-10月1日
第20回日本IVF学会
【座長】
京野廣一
【演者】
菊地寿美
(演題)
ART出生児3223名のフォローアップ:胚凍結融解が児の身体発育に及ぼす影響(森本義晴賞受賞)
【場所】
ホテルメトロポリタン仙台(宮城)
9月23日-24日
第3回PGD/PDSを学ぶ会
【参加者】
高橋瑞穂、小倉友里奈
【場所】
群馬パース大学(群馬)
9月17日
第2回倫理講習会
【参加者】
中條友紀子
【場所】
TFTビル(東京)
8月29日
妊孕性温存の現状についての講演とディスカッション
【演者】
京野廣一
(演題)
妊孕性温存の実際、当院での実績について
【演者】
青野展也
(演題)
卵巣摘出後の生殖補助医療の流れ
【参加者】
中村祐介、柴崎世菜、小幡隆一郎、越智将航、奥山紀之、小倉友里奈、相良恵里、相澤里和、荻野まどか、小野寺桃子、朝倉めぐみ
【場所】
TKP品川カンファレンスセンターANNEX(東京)
8月22日
ORIGIOスキルアップセミナー
【参加者】
服部裕充、中條友紀子、佐々木千紗、柴崎世菜、田中夕子、菊地寿美、片岡万里乃、奥山紀之
【場所】
TKPガーデンシティ仙台(宮城)
8月21日-25日
Vitrolife VIP workshop
【参加者】
青野展也
【場所】
オーフス(デンマーク)
8月20日
第18回東北ART研究会
【代表世話人】
京野廣一
【座長】
青野展也(第3部)
(テーマ)
網羅的手法による次世代型着床前診断
【参加者】
五十嵐秀樹、戸屋真由美、小泉雅江、加藤瑞穂、及川清貴、中條友紀子、服部裕充、中村祐介、柴崎世菜、田中夕子、井上穂香、片岡万里乃、菊地寿美、青木晶子、木戸葉澄、土佐知美、嵯峨真奈美、羽藤彩、深田昌代、朝倉めぐみ、佐々木敏恵、茂庭恵子、海藤珠恵、髙橋円香、池田律子、冨樫英里、三浦さゆり、村上典子、鈴木美菜、田中亜砂美、夘道沙弥香、羽沢茜、小野諒子、新野郁美、小野寺ゆき、小野寺恭子、大沼千春
【場所】
江陽グランドホテル(宮城)
8月13日
ART Focus 2017
【演者】
京野廣一
(演題)
Japan Experience Infertility Preservation: Ovarian Bank
【場所】
Shangri-La Hotel(シンガポール)
7月20日-21日
第35回日本受精着床学会
【座長】
京野廣一(ランチョンセミナー1)
(テーマ)
胚自動解析システムEevaの開発と進化
【演者】
京野廣一
(演題)
ヒトならびにウシ凍結融解卵巣組織移植直前の凍結保護剤残留について:ガラス化法と緩慢凍結法の比較
(演題)
反復着床不全症例に対するEndometrial Receptivity Array (ERA)の効果
【演者】
柴崎世菜
(演題)
1PN胚の媒精方法別の培養成績とTime-Lapse Cinematographyによる解析結果の比較
【演者】
田中夕子
(演題)
ヒト卵子sERCが培養成績と出生児に及ぼす影響について
【演者】
奥山紀之
(演題)
2細胞期から3細胞期への分割時間と胚発生に関する検討
【演者】
熊王知唯梨
(演題)
精子奇形率はcIVFおよびICSIの受精率に影響するか?
【場所】
米子コンベンションセンター(鳥取)
7月4日
Vitrolife Scientific Symposium2017
【参加者】
服部裕充、小幡隆一郎、井上穂香
【場所】
Palexpo(スイス)
7月2日-5日
ESHRE2017
【演者】
服部裕充
(演題)
The relationship between embryo gender and morphokinetics parameters analyzed by time-lapse imaging in human embryo (poster)
(演題)
Effects of direct cleavage on embryo development and clinical outcomes (poster)
【演者】
小幡隆一郎
(演題)
Residual ethylene glycol (EG) and dimethyl sulfoxide (DMSO) concentration in human ovarian tissue during warming steps of vitrification method and slow freezing method (poster)
(演題)
Comparison of residual dimethyl sulfoxide (DMSO) and ethylene glycol (EG) concentration in bovine ovarian tissue during warming steps between slow freezing and vitrification methods. (poster: presented on behalf of Koichi Kyono)
【参加者】
井上穂香
【場所】
Palexpo(スイス)
6月29日
オリジオ工場見学・IVF施設見学
【参加者】
服部裕充、小幡隆一郎、井上穂香
【場所】
オリジオ(デンマーク)
6月10日-11日
JISART部門別教育セミナー・第15回JISARTシンポジウム
【参加者】
京野廣一、五十嵐秀樹、服部裕充、夘道沙弥香、服部百恵、三浦さゆり、青野展也、田中敦子、小野寺桃子、菅谷典恵
【場所】
ウインクあいち(愛知)
6月2日-3日
第58回日本卵子学会
【演者】
五十嵐秀樹
(演題)
小胞体ストレスは加齢卵の胚発生を改善させるか? マウス排卵後加齢卵モデルを用いた検討
【演者】
青野展也
(演題)
ガラス化時は液体窒素へ直接投入し閉鎖型保存するガラス化保存法の検討
【演者】
小幡隆一郎
(演題)
IVMに影響を及ぼすPCOS因子の探索
【演者】
井上穂香
(演題)
ICSI低受精率症例における人工的卵子活性化の臨床成績と児の発達に及ぼす影響について
【演者】
角田迪瑠
(演題)
重度の男性不妊症に対する精索静脈瘤手術の有効性
【場所】
沖縄コンベンションセンター(沖縄)
5月28日
妊活イベント2017「二人で支え合う。仕事も頑張る。私たちらしく、妊活」
【演者】
京野廣一
(演題)
最新の不妊治療最前線(セミナー3)
【演者】
菅谷典恵
(演題)
「あなたらしく賢く妊活」を心理学的に考える(セミナー1)
【場所】
コクヨホール(東京)
5月27日
男性不妊Dr's第3回講演会
【演者】
京野廣一
(演題)
不妊治療から子育てまで:from A to Z
【演者】
菅谷典恵
(演題)
妊活ライフにおけるコミュニケーションのコツ―男女の思考の違いを理解し温度差を少なくしましょう―
【場所】
ルークホール(東京)
4月15日-16日
第14回非配偶者間生殖医療にかかわるカウンセラー実務研修
【参加者】
菅谷典恵
【場所】
新大阪丸ビル(大阪)
3月31日-4月2日
ASPIRE2017
【演者】
五十嵐秀樹
(演題)
Mitochondrial transfer from somatic cells is not sufficient for rejuvenation of postovulatory in vivo-aged mouse oocytes(oral)
【演者】
矢本咲
(演題)
The efficacy of endometrial receptivity array (ERA) after more than two failed vitrified-warmed blastocyst transfer(oral)
【演者】
森美穂
(演題)
Clinical outcomes following frozen-thawed Day4 blastocyst transfer(oral)
【演者】
京野廣一
(演題)
The best strategy for fertility preservation using ovarian tissue in Japan is safer slow freezing and use of the transportation network(poster)
【場所】
Kuala Lumpur Convention Centre(マレーシア)
3月27日
海外と日本における妊孕性温存の現状についての講演とディスカッション
【演者】
京野廣一
(演題)
日本における妊孕性温存の現状とHOPE最前線
【参加者】
橋本朋子、青野展也、中村祐介、小幡隆一郎、奥山紀之、小倉友里奈、相良恵里、田中敦子、朝倉めぐみ、越智将航、菅谷典恵
3月7日
Vitrolifeワークショップ
【参加者】
中條友紀子、服部裕充
【場所】
ヴィトロライフ東京オフィス(東京)
3月5日
第13回ART生涯研修コース・講演会
【演者】
橋本朋子
(演題)
ERAを用いた凍結胚盤胞移植時の適切な内膜調整法とその成績
【参加者】
中村祐介
【場所】
ベルサール九段(東京)
3月5日
がんと生殖に関するシンポジウム2017
【参加者】
京野廣一、京野恵介、越智将航、田中敦子
【場所】
サンケイプラザ(東京)
3月4日
2016年度腹腔鏡下子宮悪性腫瘍セミナー
【参加者】
京野廣一
【場所】
秋葉原コンベンションホール(東京)
3月3日
第40回城南乳腺研究会
【演者】
京野廣一
(演題)
日本卵巣組織保存センター:HOPEを設立して
【場所】
目黒雅叙園(東京)
3月2日
鳥取不妊若手の会
【演者】
京野廣一
(演題)
卵巣組織センターを設立して~卵子・卵巣凍結の実際~
【場所】
ホテルモナーク鳥取(鳥取)
2月26日
JISART第2回研究倫理に関する講習会
【参加者】
京野廣一、五十嵐秀樹、青野展也、越智将航、橋本朋子
【場所】
フクラシア品川(東京)
2月26日
JISART認定審査 審査員研究会
【参加者】
服部裕充、村上典子、田中亜砂美、夘道沙弥香
【場所】
フクラシア品川(東京)
2月24日
乳癌治療を考える会
【演者】
京野廣一
(演題)
乳がん患者の妊孕性温存~HOPE(日本卵巣組織保存センター)を立ち上げて~
【参加者】
五十嵐秀樹、土信田雅一、小泉雅江、及川清貴、服部裕充、中村祐介、松川望、佐々木千紗、高橋瑞穂、柴崎世菜、中森美和、坂本絵里、村上典子、伊藤葵、羽沢茜、小野寺恭子
【場所】
勝山館(宮城)
2月20日
オリジオバイオプシーワークショップ
【参加者】
中村祐介
【場所】
ORIGIO ARTラボ(神奈川)
2月19日
第14回日本生殖心理学会・学術集会
【座長】
菅谷典恵(ポスターセッション)
【場所】
ウインクあいち(愛知県)
2月5日
第17回東北ART研究会
【代表世話人】
京野廣一
【参加者】
五十嵐秀樹、土信田雅一、戸屋真由美、小泉雅江、加藤瑞穂、及川清貴、青野展也、中條友紀子、服部裕充、中村祐介、松川望、高橋瑞穂、柴崎世菜、井上穂香、田中夕子、菊地寿美、片岡万里乃、中森美和、茂庭恵子、服部百恵、佐藤可奈子、沼田愛子、冨樫英里、土佐知美、嵯峨真奈美、羽藤彩、深田昌代、小野寺ゆき、小野寺恭子、大沼千春
【場所】
江陽グランドホテル(宮城)
2月4日
第3回梅田生殖フォーラム
【演者】
京野廣一
(演題)
日本卵巣組織保存センター:HOPEを設立して
【場所】
阪急ターミナルスクエア(大阪)
1月29日
若年乳がん患者の妊孕性温存に関する心理支援セミナー
【参加者】
京野廣一、菅谷典恵、越智将航
【場所】
横浜情報文化センター(神奈川)
1月18日
平成28年度宮城県産婦人科医会勤務医懇談会
【参加者】
京野廣一
【場所】
勝山館(宮城)
1月8-9日
第22回日本臨床エンブリオロジスト学会
【参加者】
青野展也、中條友紀子
【場所】
すみだリバーサイドホール(東京)