着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)について

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)について

日本産科婦人科学会主導で、PGT-Aの特別臨床研究(研究名称:反復体外受精・胚移植(ART)不成功例、習慣流産例(反復流産を含む)、染色体構造異常例を対象とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究)が開始しており、当院も参加することとなりました。 研究への参加を希望される方は、まず以下の内容をご自身で確認ください。

PGT-Aによって期待されること・注意すべきこと

PGT-Aは体外受精によって得られた胚の染色体数を、移植する前に網羅的に調べる検査です。 染色体数に過不足があると、移植しても妊娠が成立しない、あるいは妊娠できたとしても流産や死産になることで知られています。 この染色体数の過不足という現象は、誰にでも起こりうるものであり、発生させなくするような治療法はありません。 また、女性の年齢が進むにつれて、こうした異常な受精卵の発生頻度が高まることが知られています。

異異数体の出現頻度度

PGT-Aを実施し、正常な受精卵のみを移植することで、流産を防ぎ、より高い確率で妊娠できることが期待されています。

PGT-A後の臨床成績

一方で、検査精度は100%ではなく、本来であれば(数的)異常のない胚を「異常である」と判断をしてしまうことや、異常な胚を「異常ではない」と判断し、移植した後に流産や死産となってしまうことなど、課題となる点も残されています。
ただ、当院では通常のPGT-A解析ではなく最新の解析技術を導入し、上記のように本来異常である胚を正常と認識してしまわないように、「倍数性」も検査することができるため、より正確な検査を行うことができます。

対象となる方

①反復ART(体外受精・胚盤胞移植)不成功の方

  • 体外受精を受けたことがある
  • 直近2回の胚移植で妊娠が成立していない

②反復流産の方

  • 妊娠を2回以上している
  • 直近2回の妊娠が流産である

③夫婦のどちらかが染色体構造異常を持っている方

ここでいう妊娠の定義は、胎嚢確認とし、同様に流産の定義は、胎嚢が確認できた後の流産とします。 このほかにも様々な選定基準があり、参加を希望されるすべての方が参加できるわけではございません。 この検査を希望される方は、以下よりお申込みください。

お申込み後の流れ

お申込み後の流れ

ご不明点は以下までメールにてお問い合わせをお願いいたします。
pgt-a_sendai@ivf-kyono.or.jp