京野アートクリック(仙台)は、無精子症などの男性不妊をはじめ、男性と女性のどちらも治療できるクリニックです

KYONO ART CLINIC 京野アートクリニック 仙台

女性不妊について

女性不妊について

日本では、妊娠を希望している夫婦が1年間避妊を行わずに一般的な夫婦生活を送っていても子どもができない状態を「不妊」と定義しています。また、「不妊」は女性だけの問題ではなく、3〜4割は男性に、2割は双方に原因があるものです。したがって、当院ではご夫婦で検査を受けられることをお勧めします。

不妊治療の検査方法

必要に応じて、以下の検査を行います。

  • ホルモン検査
    月経開始2〜4日目(FSH、LH、PRL、E2、T)
    排卵直前(E2、LH)
    排卵後5〜7日目(E2、P)
  • 子宮卵管造影(月経終了後〜排卵の前)
  • 頸管粘液検査(排卵直前)
  • フーナーテスト(排卵直前)
  • 超音波検査
  • 子宮鏡検査(月経以外の時期)
  • 抗精子抗体

不妊治療の手順

不妊治療は、自然に近い方法から治療を開始し、原因の有無に関係なく一定の期間で成果が見られない場合には、妊娠の確率が高い治療内容にステップアップしていきますが、年齢やご事情に応じて異なる場合があります。

ステップ1(自然排卵による治療)

ステップ2(排卵誘発剤による治療)

※ステップ1、ステップ2の治療を継続してご希望の場合は、他の医療機関をご紹介いたします。

--当院ではこれより下の治療が主となります--

ステップ3(人工授精)

  1. 自然排卵による人工授精
  2. 排卵誘発剤を併用した人工授精
  1. 体外受精・顕微授精

などがあります。

女性年齢と妊娠・出産

  • 女性は年齢とともに卵巣機能が低下します。
  • 最も妊娠しやすいのは基本的に女性年齢が30歳未満で、特に35歳以降は卵子の質の低下に伴い、妊娠率が低下し、それとともに流産率が上昇します。
  • 女性が45歳以上の妊娠は奇跡的な確率であり、妊娠してもほとんどが流産してしまいます。
  • 男性の場合は、女性ほど明らかな変化ではありませんが、年齢とともに徐々に精子の質が低下します。
  • 女性年齢が上がると、妊娠合併症が増加します。高齢妊娠・出産のリスク(妊娠合併症)として、流産、早産、子宮内胎児発育遅延、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、妊娠糖尿病が挙げられます。また、自然分娩ができず、吸引分娩や帝王切開のリスクが高まります。また、母体合併症のみならず、胎児の染色体異常(ダウン症など)の可能性が上昇、早産や子宮内胎児発育遅延による低出生体重児は、呼吸窮迫症候群、動脈管開存、慢性肺疾患、未熟児網膜症、新生児脳内出血、脳性麻痺、子宮内胎児死亡などのリスクが上昇します。
  • 高齢妊娠の全てがリスクに直面するということではありませんが、女性年齢が35歳以上の場合、できるだけ早く妊娠することが、妊娠および流産予防や、より安全な妊娠・出産につながります。

不妊予防のための10か条

日本不妊予防協会による「不妊予防のための10か条」は以下のようになります。

  1. 生殖機能は生殖のためにあることを再認識する
  2. 規則的な生活習慣を心がける
  3. メンタルヘルスの自己管理に努める
  4. 安全で健康的な性生活を送ろう
  5. 喫煙・飲酒習慣、嗜好品、常用薬の制限
  6. 加齢は生殖の大敵(安全生殖年齢)と知るべし
  7. ワーク・ライフバランスが大事
  8. 食生活の改善と適正体重を維持しよう
  9. 基礎体温は若さのバロメーター
  10. 異性との交際が始まったら、年1回検診を受けよう