初めての方へ

FOR FIRST VISIT

京野アートクリニック仙台は、なかなかお子さまに恵まれないご夫婦のための、専門スタッフと心のケアを充実させた、完全予約制の高度生殖医療(体外受精・人工授精・男性不妊・FT)、不育症専門治療施設です。 産婦人科専門医、泌尿器科専門医が安全かつ最先端の技術で治療をご提供します。

初診予約の前に

初診の対象

  • 当院でお引き受けできないケースは以下の通りです。
    女性年齢が45歳以上の場合(初診は44歳まで、治療は45歳まで)
    ・海外で卵子提供を受ける場合のバックアップ
    ・他院治療中で、連携施設としての診察希望(注射のみのご依頼、卵胞チェックのみのご依頼)
    ・旧パートナーと離婚が成立しておらず籍が抜けていないなどの場合
  • 原則として女性のセカンドオピニオンはお引き受けしておりませんが、他院より当院宛の紹介状がある場合、男性不妊外来などの場合でセカンドオピニオンをご希望の場合は、自費にてお引き受けいたします。

初診予約について

  • 当院は初診、再診ともに完全予約制です。
    初診の方もご登録の上、WEB予約が可能です。WEB予約がご利用いただけない方は、診療時間内にお電話でもご予約いただけます。
  • 悪性腫瘍で抗癌剤治療・放射線治療・骨髄移植が迫っているなどの理由で、卵子・精子の採取・凍結保存を急がなければならないなどの医学的理由がある場合、ご本人、配偶者、ご家族、あるいは担当医の先生のどなたからでも差支えありませんので、状況を具体的にお電話にてご相談ください。可能な限り早期のご来院に向けて調整をさせていただきます。
  • 悪性腫瘍治療中・前後で卵子・精子凍結を行うが本人が未成年の場合や感染予防のため人ごみを避ける必要がある場合、その他特別な配慮が必要な場合は、事前にお電話にてご相談ください(すべてのご要望にお応えできるわけではありませんが可能な範囲で配慮させていただきます)。
  • 初めての方は、診察終了までに、約3〜4時間前後かかりますので、お時間に充分余裕がある日・時間帯をご予約ください。なお、体外受精治療中の場合、再診の平均所要時間は3〜4時間(採血→結果待ち→診察→問診→注射/処方→会計の全所要時間)となります。
  • 当院は、年末年始を除き、土曜日、祝日も診療しております。
  • 法的に婚姻関係にないカップル(結婚予定、婚約中、内縁、事実婚など)でも初診は可能ですが、前パートナーと法的に離婚が成立していないなどの場合、診察はお引き受けいたしかねます。(人工授精以上の治療を行う場合は、必ず事前に戸籍謄本の提出が必要です)

初診までの間に

  • 初診まで期間があり基礎体温をつけていない場合は、今からでも遅くありませんのでつけはじめてください。
  • ご夫婦ともに、喫煙は妊娠率を下げ、流産率を上昇させることは確実です。喫煙している場合は禁煙に真剣に取り組むようにしてください。「精液検査が大丈夫だから喫煙しても大丈夫」ということはありません。
  • 肥満は卵子の質を下げ、精液所見を悪化させ、妊娠成績を下げます。
    BMI (体重[kg]÷身長[m]÷体重[m])が25以上の場合は、初診までの間、減量に取り組んでください。
  • 女性の体重が100kg以上、あるいはBMIが35以上の場合などは、当院として妊娠許可を出せず、減量に成功するまで不妊治療を見送らせていただくことがあります。
  • 男性は、禁欲期間(射精と射精の間隔日数)が長いと精子の質の低下につながります。日常的に注意できる点は「精子を守る10か条」を御覧ください。
  • 女性が、「悪性腫瘍(癌、白血病)」「甲状腺疾患」「高血圧症」「心臓病」「腎臓病」「肝臓病」「膠原病、自己免疫疾患」などにかかったことがある場合は、不妊治療や妊娠ができる状態かどうか、主治医の先生の意見をお聞きしてから検査・治療に入らせていただく事があります。
    現段階で定期的に受診している場合は、「最終診断名」「検査結果の要旨」「治療内容の要旨」「現段階で、不妊治療や妊娠が可能な状態かどうか」について主治医の先生にご確認いただき、妊娠許可の有無などを初診時に医師にお話しください。

<ご注意>

  • 当院は初診、再診ともに医師の指名は承っておりません。
  • 他院ですでに精液検査をしたことがあっても当院で精液検査を行います。男性の禁欲期間は3〜4日です。
  • 問診は、日本語が不自由で通訳が必要な場合、患者本人が未成年や妊孕性温存などの場合を除きご夫婦以外の方の同席はできません。(日本語もしくは英語が全く話せない場合は、通訳同伴をお願いします)。また、手術のお迎えなどを除き、ご夫婦以外の方は当院への来院もご遠慮ください。
  • 手術前後の方や妊娠初期の方などが多数通院されておりますので、インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎、ノロウイルス感染症、風疹・麻疹・おたふくなど、飛沫感染、空気感染する可能性のある感染症にかかっている場合の受診はできません。あらためて予約をお取り直しください (ご来院いただいても、診察いたしません)。
  • すでにお子さまがいらっしゃり、2人目、3人目希望の方へ。初診日のお子さま連れは、理由の如何を問わず固くお断りいたします。再診の際も、できるだけお子さま連れでのご来院を避けていただきますように、お願いいたします(別途、お子さま連れのルールを掲示してありますのでご覧ください)。

 

WEB問診票を採用しております。
(ご予約日の3日前までに送信下さい)
女性用問診票
男性用問診票

<WEB入力ができない方>

事前のWEB入力が難しい場合、初診当日に当院にてWEB問診をご入力いただきますので、お早めのご来院をお願いいたします。

来院される際にお持ち頂くもの

  • IVFサマリー(他院で体外受精の治療経験がある方のみ)こちらからダウンロードしてご記入をお願いします。
  • お2人の保険証「原本」
  • 他院からの紹介状(ある方のみ)
  • 印鑑
  • 基礎体温表(基礎体温表の用紙に、グラフにしたもの)
    • 基礎体温表についてはこちらをご覧ください。
    • 携帯などでのデータではなく、紙に記録を残し、ご提出ください。
  • 費用(お支払いには現金のほか、クレジットカード、デビットカードもご利用いただけます。)

<ご注意>

  • 体外受精・人工授精をご希望の場合、婚姻関係確認のため発行1年以内の戸籍謄本の提出が必要です※発行から1年を過ぎると再取得が必要となります。初診時にご用意いただく必要はありませんが、採卵当日・人工授精当日までにご用意が必要となります。
    未入籍のカップルは、それぞれ他に法律上のパートナーがいないことを確認するため双方の戸籍謄本が必要です。ご提出いただけない場合、人工授精、体外受精の治療は行いません。なお、ご夫婦の一方もしくは両方が日本国籍でない方は別途ご相談ください。

 

個人情報開示の同意書

妻が夫の(あるいは夫が妻の)血液検査、精液検査、その他各種検査結果をお聞きになる場合、個人情報開示の同意書が必要です。

個人情報開示の同意書は、原則として検査を受けたご本人様にお渡しし、署名捺印して、検査結果をお聞きになる側の方にご持参いただきます。個人情報開示の同意書は、下記よりダウンロード(PDF形式)できるほか、メール、FAXでも承りますが、郵送はご遠慮ください。

個人情報開示の同意書は様式のページからダウンロードが可能です。

診療時間・ご予約について

婦人科・泌尿器科
高度生殖医療(体外受精・顕微授精)、男性不妊

理想的な初診のタイミング

男性:禁欲期間 3日〜4日が望ましい
女性:どの時期にご来院いただいても、検査・治療可能です。

診療時間表

診療時間
8:00〜12:00
最終予約 10:30
14:00〜17:00
最終予約 15:30

完全予約制

当院は完全予約制です。当日に来院希望であってもご予約をお願い致します。
診療内容や当日の混雑状況により、会計までの所要時間が3時間前後かかる曜日・時間帯もございますので、あらかじめご了承下さい。

電話予約:022-722-8841 (日曜日を除く診療時間内)

WEB予約:https://y.atlink.jp/ivf-kyono/

スクリーニング検査

当院で治療を行う場合は、「スクリーニング検査」をお受けいただきます。。

検査の内容は、感染症(B・C型肝炎、HIV、梅毒)、肝機能、腎機能、血液型、クラミジア抗体検査、水痘、麻疹、風疹抗体、奥様はあわせて抗精子抗体検査、凝固系(PT、APTT、アンチトロンビン)、心電図が含まれます。卵巣予備能力検査、ホルモン検査などは別途となります。
なお、これらの術前検査は、人工授精、体外受精、各種手術共通のもので、治療内容によらず、1年間有効です。ご同意いただけない場合、当院での不妊治療はできませんのでご注意ください。(他院の血液検査の結果は参考にはいたしますが、検査項目は変わりません)。ただし、精巣内精子回収を行う場合は、別途追加検査がございます。

料金はこちらよりご確認ください。

未入籍(事実婚)の方へ

当院では、未婚の方、未入籍の方、事実婚の方の診療も行っておりますが、以下の注意点がございますので、十分にご注意ください。

  • 未入籍であっても、それぞれが未婚であり、他に法律上の配偶者がいない場合は、現住所などが異なっても全ての検査・検診などは通常通り行うことが可能です。ただし、当院は不妊治療専門クリニックですので、お子さまを望まれている方、何らかの事情で卵子・精子凍結を希望される方を対象としております。悪性腫瘍で化学療法を計画されている(あるいは治療後である)などの事情で、卵子、精子の凍結をご希望されている方などは、その旨を受付スタッフにご相談ください。
  • 治療を受けるカップルのうち、片方または両方が、他に法律上の婚姻関係がある(離婚が成立していない)などの場合、理由の如何を問わず、当院での検査、治療は一切お断りいたします。
  • 人工授精・体外受精に関する治療は、ご本人・パートナーの双方が、お互いが他に婚姻関係がなく、双方が独身であることを証明するため、それぞれの「戸籍謄本(住民票は不可)」をご提出していただきます。どちらか一方でも戸籍謄本をご提出いただけない場合は、治療はできません。
    卵子・精子凍結の場合はこの限りではありません。

詳しくは、当院担当医までお問い合わせください。

お子さまのいらっしゃる方

お子さま連れでのご来院に対する当院の考え方

当院は、これからお子さまを望まれる方が多く通院されております。一人目不妊の方への配慮のため、通院時のお子さま連れはご遠慮ください。
預け先がないなど、どうしてもやむを得ない日のみ、例外としてお子さま連れは可能ですが、下記の制限事項を必ずお守りになってご来院ください。
初診日のお子さま連れは固くお断り申し上げます。

ご夫婦、お子さまの3人でご来院になった場合、3人で問診室で説明を聞くことはできません。奥様が診察・問診時は、ご主人とお子さまはキッズルームでそのままお待ちください。また、キッズルームは託児所ではなく、他の患者さまと共用になりますので、お子さまを一人残したままお二人で問診を受けることはできません。
ご夫婦そろって担当医の説明をお聞きになりたい場合は、院外の託児所をご利用いただくなどして、ご夫婦のみでご来院ください。
なお、奥様とそのご両親、お子さまで来院された場合は、ご両親は院外でお待ちいただき、奥様のみ院内でお待ちください。

やむを得ずお子さま連れでご来院になる場合

お子さまの年齢にかかわらず、「待合ホール(待合室)」「吹き抜け廊下」はご利用いただけません。受付後、待ち時間の間はキッズルームをご利用いただきます。なお、当院のキッズルームには保育士はおりませんのでご注意ください。お子さま連れの場合、通常の流れとは異なり採血後、すぐにキッズルームにご案内します。
検査結果がでた後に問診・内診の順番が来ましたらお呼びいたしますのでそれまでお子さまとキッズルームにてお待ち下さい。
また、「かぜ」「発熱」「鼻水」「咳」などの症状のあるお子さまを連れてのご来院は、固くお断りいたします。 他の患者さまの兼ね合いもあり、問診室、内診室、採血室、注射室などには、診察内容にかかわらず、必ずお子さまといっしょにお入りいただきます。「内診に子供を同伴させたくない」といったご希望には添いかねますのであらかじめご了承ください。

キッズルームを含め、院内におけるお子さまの怪我、事故、迷子、他の患者さまとのトラブル等につきましては、当院は一切の責を負いかねますので、お子さまから目を離さぬよう、ご注意ください。 音の出る機器の使用(携帯電話で音を出して動画を見る、音を出してDVDを見る、など)、歩くと音の鳴る靴などは固くお断りいたします。

キッズルーム内の備品やおもちゃなどの無断持ち出しや破損、落書きの監督やゴミを散乱させないなど、キッズルーム内においては、監督者ご自身もマナーを守ってご利用をお願いいたします。
注意事項をお守りいただけない場合、お子さま連れでのご来院をお断りさせていただくことがございます。

院内PHSは必ずご自身で管理し、お子さまに持たせたり、遊ばせたり、振り回させたりしないで下さい。明らかな不注意や、PHSをお子さまに持たせたり、遊ばせたりしたことにより破損、故障が生じた場合は、修理代実費(全額)を申し受けます。–>

以下の日は、お子さま連れでの通院をお断りいたします

  • 初診日
  • 採卵、胚移植、人工授精
  • 注射指導、オリエンテーション
  • カウンセリング
  • その他各種手術・検査(子宮卵管造影、子宮鏡検査を含む)
  • セミナー

これらの日にお子さま連れでご来院の場合、手術・検査やセミナーへのご参加はできません。

第三者からの卵子提供をお考えの患者さまへ

第三者からの卵子提供を含む提供卵子、提供精子に関するご相談については現在希望者が多くご予約について制限を行わざるを得ない状況です。何卒ご承知おきください。

よくあるご質問

予約について

夫婦で受診が必要ですか。また、受診は必ず夫婦一緒でなければいけませんか。

人工授精、体外受精希望時はご夫婦の受診が必要です。なお、受診日はご夫婦別々でも構いません。

夫婦でそれぞれ予約が必要ですか。

お二人とも診察希望の場合は、それぞれご予約が必要となります。

診察するタイミングは決まっていますか。

月経周期を問わず、いつでも診察が可能です。

夫の予約は新患(泌尿器科)と男性不妊外来どちらで予約すればよいですか。

男性不妊外来は泌尿器科専門医による診察となります。ご予約はどちらを選択いただいても構いませんが、検査結果に異常があった場合、男性不妊外来にてご相談いただくことになります。

現在(もしくは以前)受診していた病院の紹介状は必要ですか。

必須ではございませんが、お持ちいただけますとこれまでの治療経過が確認できますので、可能であればお持ちください。

診察について

当日はどんな検査をしますか。

男性:精液検査と、必要に応じて血液検査と超音波検査を行います。
女性:内診・超音波検査と、必要に応じて血液検査も行います。

初診当日の費用は夫婦あわせていくら位になりますか。

保険診療の場合は、4,000~5,000円前後となります。
自費診療の場合、65,000~75,000円前後かかります。

現在(もしくは以前)受診していた病院で行った検査は再度受ける必要はありますか。

検査を行った時期や検査項目にもよりますので、医師とご相談いただくこととなります。

その他

WEB問診票は夫婦それぞれの端末から入力する必要がありますか。

問診票の入力は、別端末でも同端末でもご入力いただけます。

駐車場はありますか。

アジュール仙台の地下駐車場がございます(400円/時間、以後200円/30分)。
空きがない場合もございますので、公共交通機関のご利用をおすすめしております。

クリニックのあるビル内に駐輪場はありますか。

当院があるアジュール仙台には患者様用の駐輪場はございません。近隣に駐輪場がございますので、そちらをご利用ください。

保険証の手続き中ですが、受診は可能ですか。

ご受診いただけますが、10割負担でのお会計となります。