料金一覧

COST

料金について

保険診療に関する費用は「保険適用価格一覧表」からご確認いただけます。

●保険でのお支払いの場合も、1ヶ月あたり保険適用となる検査の回数、処方の量には限りがあり、それ以降は自費になります。
●超音波検査は、1ヶ月あたりの算定回数には排卵誘発剤の使用の有無など非常に複雑な基準があり、基準に則って算定しております。
●当院では各種クレジットカード、デビットカードをご利用いただけます

料金について

それぞれの治療費用のめやすは以下の通りです。
なお、全て税込み表記です。

費用
スクリーニング検査(1年有効) 男性 ¥19,800
女性 ¥25,300
卵巣予備能力検査 ¥6,600
精液検査 ¥5,500
(院内採精の場合は別途部屋利用料がかかります)
配偶者間人工授精(診察・薬剤代別) ¥22,000
子宮鏡検査(自費 スクリーニング検査の場合) 約¥10,000
染色体検査 ¥22,000

高度生殖医療 料金表(自費)

2022年4月からの保険診療開始に付随して、料金および算出方式を改定いたしました。
【採卵時にかかるその他費用】 費用 備考
排卵誘発剤 約¥30,000~¥100,000 中程度の刺激で¥60,000~¥70,000程度
診察費用 約¥20,000~¥35,000 初診料  ¥3,300
再診料  ¥2,200
超音波検査  ¥3,300
ホルモン検査 (1項目)  ¥1,650
AMH検査 ¥6,600
①合計      円
【採卵】
(採卵材料費+採卵時麻酔+採卵術+採卵加算)
【体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI)
精子調整費 +受精方法に応じて選択
【受精卵・胚培養】
A+B+C+D
・採卵材料費 ¥16,500 ・精子調整費 ¥16,500 A)培養材料費 ¥22,000
・採卵時麻酔 局所麻酔  ¥22,000
静脈麻酔  ¥55,000
・体外受精 ¥46,200 B)タイムラプス培養 ¥33,000
・採卵術 ¥35,200  -
・採卵加算 ※採卵数に応じて加算 ・顕微授精 ※個数に応じて加算 C)受精卵管理料(~初期胚)
※個数に応じて加算
1個 ¥26,400 1個 ¥52,800 1個 ¥49,500
2個から5個まで ¥39,600 2個から5個まで ¥74,800 2個から5個まで ¥66,000
6個から9個まで ¥60,500 6個から9個まで ¥110,000 6個から9個まで ¥92,400
10個から14個まで ¥79,200 10個以上 ¥140,800 10個以上 ¥115,500
15個以上 ¥118,800 - 
【特殊技術】実施したものを適宜追加

・体外受精・顕微授精を同時に実施
※顕微授精実施個数に応じて加算

D)胚盤胞管理料(初期胚~)
※個数に応じて加算

Polscope法 ¥22,000 1個 ¥75,900 1個 ¥16,500
卵子活性化処理加算 ¥11,000 2個から5個まで ¥97,900 2個から5個まで ¥22,000
TESE精子調整加算 ¥55,000 6個から9個まで ¥133,100 6個から9個まで ¥27,500
凍結卵子融解(3本まで) ¥49,500 10個以上 ¥163,900 10個以上 ¥33,000
【胚凍結保存管理料】凍結個数に応じて加算 【胚凍結保存維持管理料    年1回】
1個 ¥55,000 6個から9個まで ¥112,200 胚凍結保存維持管理料 ¥55,000
2個から5個まで ¥77,000 10個以上 ¥143,000 ② 合計       円

【胚移植術および関連技術】
新鮮胚移植料 ¥82,500 アシステッドハッチング ¥22,000 高濃度ヒアルロン酸含有培養液 ¥11,000
凍結・融解胚移植料 ¥132,000 SEET法 ¥44,000 着床前胚染色体異数性検査 ¥110,000/胚
③ 合計      円
黄体補充 妊娠判定 
使用した薬剤に応じて  ¥30,000~50,000程度 血液検査(β-hCG) ⑤  ¥3,300

 

合計金額 
①+②+③+④+⑤

例①:1個採卵し、体外受精実施、新鮮胚移植を実施した場合 約350,000円.
例②:7個採卵し、体外受精実施、胚盤胞培養で2個凍結した場合 約420,000円

※費用は税込みです。患者様によって、別途薬剤や診察費用が発生いたします。当費用は予告なく変更となることがございます。

男性不妊 治療費用
顕微鏡下精巣内精子回収術(MD-TESE)  ¥440,000
精巣内精子回収術(Simple-TESE)  ¥198,000
AZF検査  ¥44,000
精子凍結管理料(5本まで)  ¥55,000
精子凍結保存維持管理料  ¥33,000
顕微鏡下精索静脈瘤手術(片側)  ¥220,000
顕微鏡下精索静脈瘤手術(両側)  ¥330,000

 

子宮内膜・着床関連およびその他検査費用
ERA(子宮内膜受容能力)検査  ¥137,500/院外の方は ¥165,000
EndomeTRIO検査  ¥192,500/院外の方は ¥220,000
EMMA/ALICE検査  ¥56,000
子宮内フローラ検査  ¥44,000
Th1/Th2検査  ¥19,800
内膜スクラッチ  ¥30,300
NK細胞活性  ¥7,700
ビタミンD検査  ¥3,300
銅・亜鉛検査  ¥2,200
慢性子宮内膜炎検査  ¥11,000
PRP療法  ¥220,000/1回のみの注入の場合 ¥165,000

まとめ払い時期説明図

社会的適応 料金表

【採卵時にかかるその他費用】 費用 備考
スクリーニング検査 ¥25,300
AMH検査 ¥6,600
排卵誘発剤 ¥30,000~¥100,000 中程度の刺激で¥60,000~¥70,000程度
診察費用 約¥20,000~¥35,000 初診費用  ¥3,300
再診費用  ¥2,200
超音波検査  ¥3,300
ホルモン検査 (1項目)  ¥1,650
①合計      円

【採卵】
採卵材料費 ¥16,500
採卵時麻酔

局所麻酔 ¥22,000
静脈麻酔 ¥55,000

採卵術 ¥220,000
②合計      円

 

【卵子凍結保存料】
卵子凍結保存料 ¥33,000/1本~ ※1本の保存容器に卵子3個まで
③合計      円
【卵子凍結維持管理料】
卵子凍結維持管理料 ¥55,000 ※本数に関わらず
合計金額 
①+②+③

例①:1個採卵し、8個卵子凍結を実施した場合 約360,000円.
例②:7個採卵し、8個卵子凍結を実施し、2年間保存した場合 約470,000円

※費用は税込みです。患者様によって、別途薬剤や診察費用が発生いたします。当費用は予告なく変更となることがございます。

「医療費控除」について

「医療費控除」とは、本人・及び本人と生計をともにする配偶者や同居する親族が、病院や薬局に支払った1年間の医療費の合計金額を、必要経費として「所得金額」から差し引くことができる制度です。

「所得金額」は、「実際の収入の合計」から「必要経費」などを差し引いたものです。同じ収入でも、かかった医療費を「必要経費」として計算し、所得金額が低くなれば、所得金額に応じて課税される所得税(今年度)と住民税(来年度)が減免になる可能性があります(状況によっては、減免にならないこともあります)。

つまり、かかった医療費分の収入をなかったことにできるので、税金の根拠となる所得金額を少なくみせることができ、それをもとに計算される税金も安くなるということです。

控除は生計をともにする家族単位で可能ですが、必ず確定申告が必要です。

対象となる計算期間

1月1日~12月31日 
確定申告をしていない人であれば過去5年間さかのぼって申告可能です。
公共交通機関の通院交通費なども対象となる場合があります。

控除対象となる金額

「実際に支払った医療費の合計額(自費・保険とも)」から、「10万円(総所得額が200万円未満の場合は総所得額の5%)」と「保険金などで補てんされる金額(生命保険契約で支給される給付金、特定不妊治療の助成金など)」を差し引いた金額が「医療費控除の額」となります。 
今年度の所得税が、控除額×所得税率(%)相当額が減免されます(状況によっては、減免されないことがあります)。
来年度の住民税が、控除額の10%程度安くなることがあります(状況によっては、減免されないことがあります)。
なお、確定申告には医療機関発⾏の領収書が必要となります。当院では領収書再発⾏は一切できませんので、紛失しないよう十分ご注意ください。 
具体的なことは、お近くの税務署にお問い合わせください。

「助成金」について

当院は「特定治療支援事業」指定医療機関となっています。(助成金についての詳しい説明は、こちらをご覧ください)