当院における保険診療について

2022年4月から不妊治療の保険適用開始に伴い、当院でも対応を開始いたします。
保険診療が開始することで、一部従来の流れや内容と異なる点もございますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

混合診療の禁止

保険診療期間中に自費の治療を実施すると、その治療周期は全額自費料金にてお支払いいただく必要があります。

詳細は「先進医療ってなんだろう」でも記載しておりますので、十分ご注意ください。

制度の概要

不妊治療の保険適用には年齢と回数の制限があります。

1.年齢:治療計画時の年齢が43歳未満の方
2.回数:胚移植の回数が、以下のように制限されています。
  40歳未満:6回まで
  40歳以上43歳未満:3回まで

治療歴の確認は、他院での治療歴がある場合には紹介状をご持参いただき、その他は原則自己申告にてお願いしております。

胚移植実施時には、保険による治療回数が上限に達していないことを確認・誓約いただいた上で実施いたします。

婚姻状況の確認

治療にあたり、戸籍謄本(当院受診日から12ヶ月以内に発行された全部事項証明書)をご夫婦で1通ご提出ください。ご提出いただくタイミングは「治療計画作成日」です。

事実婚にて治療を希望される方は、それぞれの戸籍謄本をご提出いただくほか、
・同一世帯であることの確認をいたします(同一世帯でない場合には、その理由をお尋ねいたします)。
・不妊治療により出生した子について認知を行う意向があることをお二人に確認いたします。

保険診療の概算費用

保険診療の費用は「保険適用価格一覧表」よりご確認いただけます。
今後、先進医療の登録などがありましたら、適宜変更いたします。

保険診療の範囲(概要)

保険診療で行える不妊治療は以下のとおりです。

詳細については診察時、医師やスタッフにお尋ねください。

今後の先進医療の登録、ガイドラインの変更などにより予告なく変更となる場合もございますがご了承下さい。

保険診療の流れ

保険診療と従来の自費診療では、治療開始までの流れが異なります。

通院中の患者さまはスクリーニング検査の期限が切れていないをご確認いただき、治療前にご夫婦で治療計画をたてるための予約をおとりください。
他院から転院の患者様は、紹介状をお持ちください。(難しい場合は予約時にその内容をスタッフまでお伝え下さい)

繰り返しになりますが、治療計画の作成時には戸籍謄本の提出が必要となりますのでご注意ください。

凍結胚をお持ちの方

2022年3月末までに凍結した胚をお持ちの方で、胚移植の治療計画が3か月以内を予定する方が適用となります。

特定不妊助成金について

保険診療の開始に伴い、従来の特定不妊の助成金は終了となりますが、一部の条件を満たす方には、1回限り助成金が支給されます。

期限:2023年3月末日
共通条件
・助成金の利用回数が残っている方

以下のいずれかに該当する場合
・2022年3月31日以前に凍結してある胚をお持ちで凍結胚移植を実施する方
・2022年3月までに治療を開始し、治療終了が4月以降となる場合

注意点:保険診療との併用はできません

高額療養費制度について

高額療養費制度は、医療機関や薬局の窓口などで支払った額が、同じ月内で一定の自己負担限度額を超えた場合、その超えた金額が払い戻される制度です。

この制度を活用いただくことで、患者さまの実際の費用負担はより小さくなります。

あとから払い戻されますが、払い戻しまで3ヶ月ほどかかることや、一時的であっても患者さまの負担を減らすため、事前申請した「限度額適用認定証」を窓口に提示していただくことにより実際のお支払い金額を自己負担限度額までにとどめることができる高額療養費の現物給付を奨めております。

なお、本制度の活用のみを目的とした治療計画の調整等は当院ではできかねます。

胚培養士の求人はこちら